ストレス

パワハラ上司を恨むよりも、自分の機嫌をとることを優先しよう

 

恨むよりも自分と仲間の幸せを一番に考える!

 

職場の上司や同僚から攻撃されたり、イジメられると腹が立ったりするのは普通のことです。

他人が原因で嫌な気分を味合うと仕返ししたくなることもあるでしょう。

やられたらやり返す」というセリフは有名なところですが、それはドラマの中だから成立しますし、気分爽快になるのです。

実際に仕返しをしたとしても、気分爽快とはならないのが現実でしょう。

自分の敵を恨むことは、非生産的です。

できることなら、気にしないでいられたらと思います。

そうすれば、自分の気持がドス黒くならずに済むからです。

 

今回は、自分を攻撃した人への恨みは持たないほうがいいよというお話です。

他人に腹が立って仕方ない方向けです。

何かの参考になれば嬉しいです。

 

パワハラ上司を恨むよりも、自分の機嫌をとることを優先しよう

パワハラした上司のせいで、自分のメンタルはどん底になり、職場にいる時間が苦痛になるでしょう。

上司に対して、恨みが湧きやすくなるのは普通のことです。

ただ、湧き起こるネガティブな感情に支配されていては、いい気分になることができません。

上司にいじめられたことは、変えることのできない事実です。

その過去の屈辱にフォーカスし続けても、幸せになる人は誰もいません。

上司への復讐心があっても、取り合わないほうが懸命です。

たとえ、上司を恨んで復習できたとしても、いい気分にはなれません。

人を攻撃して、苦しむ人を見て幸せを感じるのは、サディストだけだからです。

通常の人は、復習してみたいと考えるだけで終わります。

復讐心に燃えていても、何も良いことはありません。

復習よりも、自分の幸せに労力をつぎ込むことの方が建設的です。

パワハラをするような残念な上司に目線を合わせないで、

前向きな仲間と一緒にいることでポジティブになれるでしょう。

パワハラ上司に気を取られないで、自分の機嫌を持ち上げることに注力するのです。

仕事が終わってから、自然の中を走ったり、

週末は、家族と出かけたりして楽しむことを考えましょう。

 

ネガティブな感情にならない努力で幸せを感じる

私は、私にパワハラをした上司のことが好きになれませんが、恨みは一切ありません。

それは、先程もお話したとおり、恨みというネガティブな感情に囚われていると、

自分がいい気分になることを放棄していることと変わらないのです。

人生経験がながい分、これまで多くの陰口や悪口を言ってきました。

そこに幸せになる要素がこれっぽっちもないことが分かっています。

他人の悪口を言うと、その後になんとも言えない気分の悪さがあります。

ほんと、ネガティブな行為には、旨味が一切ありません。

それは、職場などだけではなく、家庭内でも同じです。

家庭内では、遠慮無しで、思ったことが言えます。

なので、家族に対するネガティブな言動も言ってきました。

だけど、わかったのです。

家族にもポジティブは発言をした方が、自分がいい気分になれることを。

例えば、妻に文句を言いたい場面で、言わずにいれば、無駄な争いが起こらずに、互いに悪い気分にならずに済みます。

何かしてくれたことに対して、ありがとうなどポジティブな言葉をかけると、相手はいい気分になり、

そのいい気分のまま、ポジティブな言葉を返してくれます。

これは、1のポジティブが2や3にも大きくなるので、とても幸せなことです。

このことがわかってから、ネガティブなことはできるだけ見ない、気にしない。

ポジティブなことは、恥ずがしがらずに、声に出す。

こうすることで、より気分が良くなることがはっきりしています。

上司に恨みを持ち、仕返しのようなことをしたとしても、さらに攻撃がエスカレートし、戦争状態です。

そういうことならば、できるだけ視界や自分の気持の中に入れないことですね。

とにかく、自分がいい気分になったり、幸せになることだけを考えるのです。

他人が幸せになれば、自分も幸せになります。

嫉妬や、恨み妬みなどネガティブな感情には気をつけましょう。

 

まとめ:パワハラ上司を恨むよりも、自分の機嫌をとることを優先しよう

昔の私であれば、やられたらやり返す気持ちは強かったと思います。

それが、パワハラを経験して、自分が傷つかないことについて考えるようになったので、

仕返しや恨むことの無意味なことがわかりました。

復習よりも、自分の幸せに労力をつぎ込むことの方が建設的です。

パワハラをするような残念な上司に目線を合わせないで、

前向きな仲間と一緒にいることでポジティブになれるでしょう。

パワハラ上司に気を取られないで、自分の機嫌を持ち上げることに注力するのです。

他人の悪口を言うと、その後になんとも言えない気分の悪さがあります。

ほんと、ネガティブな行為には、旨味が一切ありません。

それは、職場などだけではなく、家庭内でも同じです。

家庭内では、遠慮無しで、思ったことが言えます。

なので、家族に対するネガティブな言動も言ってきました。

だけど、わかったのです。

家族にもポジティブは発言をした方が、自分がいい気分になれることを。

例えば、妻に文句を言いたい場面で、言わずにいれば、無駄な争いが起こらずに、互いに悪い気分にならずに済みます。

何かしてくれたことに対して、ありがとうなどとポジティブな言葉をかけると、

相手はいい気分になり、そのいい気分のまま、ポジティブな言葉を返してくれます。

これは、1のポジティブが2や3にも大きくなるので、とても幸せなことです。

自分や仲間がいい気分で幸せになれることを一番に考えましょう。

 

関連記事です。

パワハラをした上司への恨みは手放した方が幸せになれる【経験を自分のものにする】 パワハラを受けた経験はありますでしょうか? そして、そのパワハラをした人に対して、恨みの感情を抱いたでしょうか? 私...
夫婦が仲良くする方法は、少しの気遣いだけー家族にも他人と同じく優しく接しよう! 「一緒に幸せになろうね!」と言って、一緒になった夫婦のうち、1/3が離婚するという報告があります。 離婚するまでいかなくて...
幸せゲームをしよう!楽しく生きる方法を考えてみた 感謝と愛が大切! 朝起きるとき、体がだるかったりして不快に感じたりしませんか? そんなとき、「今日もいい朝だ...
ABOUT ME
Masazo
アラフィフフリーランサーです。 30年以上続けた仕事を上司からのパワハラで退職。 仕事の人間関係で悩み、メンタルがどん底まで落ちたけど、這い上がることができた方法や思考法を発信しています。 その他、健康のために、良い食事と運動を心がけていて、これもまた発信しています。 今まで、世間の流れのままに生きてきました。 最近、昔からの常識に疑問を持ち、何が正しいのか自分なりに考えるようになりました。 これについても発信しています。 色々な情報を自分に取り入れ、これからの人生に活かしていきたいと考えています。 今まで、嫌いだった読書も、いろいろな発見があって、面白いと感じています。 よりよい人生にするために、学んで行きます。 そして、発信していきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA